研究開発
先端技術で未来を創る
お客様の新製品開発における「強力なパートナー」を目指すニチコンでは、お客様が求める高機能製品を迅速に開発することをモットーとしています。そのため、「電子機器用コンデンサ」「回路製品」「電力・機器用コンデンサ」それぞれの製品分野ごとに、材料開発からの一貫した研究開発体制を構築。研究開発部門と生産部門が密接に連携することで、新技術の早期実用化・製品化を実現しています。


 
■アルミ電解コンデンサ
誘電体のさらなる大容量化に取り組んでいます。
アルミ電解コンデンサの性能は電極箔と電解液で決まります。ニチコンは電極箔の表面積を拡大する「エッチング」、誘電体を生成する「化成」や「電解液開発」において業界トップの技術力を保有しており、日々いっそうの大容量化を目指して、電極箔の材質や、表面積拡大に取り組み、さまざまな角度からその可能性を探求しています。
■導電性高分子アルミ固体電解コンデンサ
さらなる超低ESR、小形・大容量化に挑んでいます。
将来の市場要求に応えるため、さらなる超低ESR、高信頼製品の開発を目指し、アルミ電解コンデンサで培った独自技術を生かしたアルミ固体電解コンデンサ用素子設計、陰極材に使用する導電性高分子、その他構成部材の開発に取り組んでいます。
■電気二重層コンデンサ
高容量タイプの製品化と用途開発を推進しています。
高容量・高出力という、この製品の特性をさらに引き出すための研究開発に取り組んでいます。同時に、用途開発にも取り組み、実装時の自由度を確保しながら、適用用途の拡大に努めています。
■フィルムコンデンサ
小形化と安全性・信頼性の向上に取り組んでいます。
回路の高密度実装化に対応するため、小形化を実現する、より薄い誘電体フィルムの開発を進めています。また、EV・HEV向けのインバータ駆動用として、長寿命で安全性の高いコンデンサを開発し、高い評価を得ています。
■正特性サーミスタ
素子の高性能化に向けた材料研究に取り組んでいます。
材料組成によるサーミスタの電気特性の変化などを研究し、その結果をもとに高性能な素子の開発や小形化、歩留り向上を図っています。今後さらに原料の合成反応や焼結反応の検討を進め、いっそうの高性能化を目指します。


ページの先頭に戻る