微量PCBの混入可能性に関する見解について
1. 微量PCBの混入可能性に関する経緯
(1) 1972年(昭和47年)以降、通商産業省(当時)の通達に基づき、電気機器へのPCB(ポリ塩化ビフェニル)絶縁油の使用を中止していますが、2000年(平成12年)7月に電気絶縁油(JIS C 2320)を使用した一般産業用変圧器の一部から極微量のPCBが検出されたとの事例報告が(社)日本電機工業会(JEMA)にありました。
(2) 上記に対し、2002年(平成14年)7月12日 経済産業省、環境省から(社)日本電機工業会(JEMA)に対して調査及び情報提供の指示がなされました。
(3) (社)日本電機工業会(JEMA)は同指示を受け、2002年(平成14年)7月16日 同会員企業に対し「微量PCB検出可能性」及び「検出事例の有無」についての調査を指示しました。
(4) かねてより弊社では「絶縁油は新油(合成油)を使用していること」、「生産ラインは分離していたこと」、「過去に微量PCBの検出事例が無ったこと」から、微量PCBの混入可能性は無いと表明しておりました。
(5) しかしながら、その後の(社)日本電機工業会(JEMA)並びに弊社サンプル調査等の調査結果において、1989年以前に使用していた絶縁油より検出事例が出ていることから、1989年以前に生産された機器への微量PCB混入可能性は完全に否定出来ないものと判断するに至っております。
注) 合成油への切替時(1972年〜1973年)において、「非PCB製品」と表示された機器がございますが、これは「PCB油を使用していない」ことを意味するものであり、微量PCBの混入可能性を否定するものではありません。
 
2. お客様へのお願い
1989年以前に生産された機器について、微量PCB混入が確認された場合には、「電気事業法」「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」に基づいて適切な処置を取っていただく必要があります。
また、微量PCB混入の可能性が完全に否定できないとされる機器については、PCBを含有していないことが確認されるまでの間は、PCB廃棄物と同様の適切な処置が必要ですので、機器使用のお客様におかれましては十分ご注意下さい。
なお、微量PCBの混入機器のことにつきましては、(社)日本電機工業会の「変圧器等への微量PCB混入可能性に関する調査結果について」に詳細な報告がなされておりますのでご参照下さい。
(http://www.jema-net.or.jp/Japanese/pis/pcb/)

本件に関するお問い合わせ先
ニチコン株式会社 総務部
〒604−0845 京都市中京区烏丸通御池上る
TEL.075-231-8461 FAX.075-256-4158


ページの先頭に戻る