前のページに戻る
2010年9月30日

125℃対応 導電性高分子アルミ固体電解コンデンサ
リード線形「LXシリーズ」、チップ形「CXシリーズ」を開発

ニチコン株式会社
京都市中京区烏丸通御池上る
TEL.075-231-8461 FAX.075-256-4158
問合せ先  技術本部長 田辺 正人

まえがき
 ニチコン株式会社は、高信頼性が要求される産業機器用途向け導電性高分子アルミ固体電解コンデンサで、125℃ 3000時間保証品のリード線形「LXシリーズ」とチップ形「CXシリーズ(φ6.3は1500時間)」を開発しました。
 本製品を、10月5日(火)〜9日(土)、幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2010」に出展します。


概要・開発背景
 導電性高分子を陰極材料に用いたアルミ固体電解コンデンサは、優れたESR(※)特性を有することから、パソコンやその周辺機器に多く採用されていますが、高耐電圧品の投入により薄型テレビのLEDバックライトドライブ用回路への採用も拡大しています。一方で、実装部品の高密度化による部品周囲温度上昇への対応、「快適な空間」、「操縦性」、「安全性」が追求されるカーエレクトロニクスなどの分野ではコンデンサの高温度化が求められています。本製品はこうした市場ニーズに応えようとするものです。

特 長
 本製品は、弊社がこれまでに培ってきた技術をベースに、高分子形成方法、部材構成および素子設計の最適化により、125℃で3000時間(チップ形のφ6.3は1500時間)を保証するリード線形とチップ形の導電性高分子アルミ固体電解コンデンサを実現しました。これにより従来品(105℃)ではご使用頂けなかった高温度対応が求められる回路にも、導電性高分子アルミ固体電解コンデンサがご使用いただけるようになり、機器の小形化、長寿命化にも貢献いたします。

主な仕様
リード線形導電性高分子アルミ固体電解コンデンサ「LXシリーズ」
定格電圧範囲 16〜50V
定格静電容量範囲 22〜390μF
製品寸法 φ8×9 L〜φ10×13 L(mm)
耐久性 125℃ 3000時間保証
サンプル 2010年10月より
量産 2011年 4月から 100万個/月の供給体制を予定


チップ形導電性高分子アルミ固体電解コンデンサ「CXシリーズ」
定格電圧範囲 16〜50V
定格静電容量範囲 5.6〜390μF
製品寸法 φ6.3×6 L〜φ10×12.7 L(mm)
耐久性 125℃ 3000時間保証
φ6.3:1500時間保証)
サンプル 2010年10月より
量産 2011年 4月から 100万個/月の供給体制を予定


いずれのシリーズも
生産工場 ニチコン福井株式会社
福井県大野市土布子第4号24番地15
(ISO9001、ISO14001、TS16949認証取得)


※語句説明
ESR (Equivalent Series Resistance):等価直列抵抗
(コンデンサのインピーダンスを等価的に抵抗分とリアクタンス分の直列回路で表したときの抵抗分。<JIS C 5602>)


125℃対応 導電性高分子アルミ固体電解コンデンサ リード線形「LXシリーズ」、チップ形「CXシリーズ」
125℃対応 導電性高分子アルミ固体電解コンデンサ
リード線形「LXシリーズ」(写真上)、
チップ形「CXシリーズ」(写真下)
 
以 上

ページの先頭に戻る