前のページに戻る

2015年10月6日

極細形電気二重層コンデンサを開発

ニチコン株式会社
               京都市中京区烏丸通御池上る
TEL.075-231-8461 FAX.075-256-4158
問合せ先 コンデンサ事業本部長 関 正信

 ニチコン株式会社は、このほどタブレット・モバイル周辺機器を主用途とする極細形電気二重層コンデンサを開発しました。
 本製品を10月7日(水)〜10日(土)幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2015」に参考出展します。

概要・開発背景

 タブレットやモバイル機器の急速な普及に伴い、そのネットワークを活用した機器は多岐にわたって発展しています。それらの分野での部品は小形化の要望が強く、かつ性能はさらなる高機能化が求められています。また、機器の形状に合わせスペースを有効に活用できる部品が求められています。

特長

 本製品は、これらの要求に応えるシリンダー形状として従来φ6.3×9Lmmで業界最大の1Fを収容していたものを、業界初サイズのφ4×30Lmmの極細形状品に高容量電極を用い細長形状の巻取り技術を確立し1Fを収容しました。
 ご要求に応じてφ5×20Lmmでのご提案も可能です。主な用途としては、タブレットやモバイル操作で使用されるスタイラスペン用をはじめとして極細形状を活かした隙間スペースへの使用を提案し、ウエアラブル機器をはじめ様々な機器のバックアップ電源用途や、微弱電流でも充電できる特性からエナジーハーベスティング分野にも用途が広がるものと考えております。

主な仕様

・定格電圧 2.7V
・カテゴリ温度範囲 −25〜+70℃
・製品寸法 φ4×30L、φ5×20L、φ6.3×9L
・静電容量 1F
・耐久性 70℃ 1000時間
・端子形状 リード線形
・生産工場 ニチコン大野株式会社 第三工場
長野県安曇野市豊科4085
(ISO9001,ISO/TS16949,ISO14001認定取得)

極細形電気二重層コンデンサを開発

極細形電気二重層コンデンサ

以 上

ページの先頭に戻る