前のページに戻る

2017年4月18日

基板自立形アルミ電解コンデンサ「LASシリーズ」
業界最高クラスの450V定格を追加しラインアップを拡充

ニチコン株式会社
               京都市中京区烏丸通御池上る
TEL.075-231-8461 FAX.075-256-4158
問合せ先 執行役員コンデンサ事業本部長 関 正信

 ニチコン株式会社は、DC過電圧に対しショートや発火を防止して安全性の向上を図り、海外の電源不安定地域で使用する機器に最適となる基板自立形105℃2000時間保証 異常電圧対応小形品アルミ電解コンデンサ「LASシリーズ」に450V定格を追加し、ラインアップを拡充しました。
 本製品を4月19日(水)〜21日(金)に開催される「第32回 電源システム展」に出展します。

概要・開発背景

 スイッチング電源の一次側平滑用コンデンサとして、アルミ電解コンデンサが多く使用されていますが、入力電圧が変動するような電力事情の良くない地域での使用や回路内の部品の故障によって、コンデンサに異常電圧が印加されることがあります。コンデンサには異常ストレスが加わった場合においてもショートや発火とならず、安全に故障に至る異常電圧対応品が求められます。昨今、高効率化、省エネルギー化に伴い、システムの高電圧化が進められていることに加え、ワールドワイド電源に対応するため、アルミ電解コンデンサにおいても高耐電圧化の要求が増加しております。基板自立形105℃2000時間保証 異常電圧対応小形品アルミ電解コンデンサ「LASシリーズ」はこれまで420V定格までのラインアップとなっておりましたが、この度、業界最高クラスとなる450V定格を追加しました。ラインアップを充実させ、海外の電源不安定地域で使用する機器に最適な仕様としてご提案いたします。

特長

 「LASシリーズ」450V定格は、耐電圧性能を高めた高信頼電極箔、耐電圧を上げることにより自己放電を抑制する耐電圧対応電解液、および高耐電圧に適した耐電圧対応電解紙を採用することで材料レベルから耐電圧を向上させております。さらに異常電圧によるストレスに対して、内部素子の局部が過剰な負荷とならないよう考慮した耐電圧対応構造を採用することで業界最高クラスの異常電圧性能を実現しております。
 現行品よりも定格電圧を高めたことで、675Vまで異常電圧対応することが可能となり、従来よりも45V安全性能を高めております。また、450V定格を追加することで、ワールドワイド電源に対応する電圧範囲をカバーすることが可能となりました。これにより電源電圧の高電圧化への対応および入力電圧が変動するような電力事情の良くない地域へ向けての電源平滑用として、幅広く活用いただけるものと考えております。

主な仕様 ※( )内は今回の拡充定格

・定格電圧範囲 400・420・450V (450V)
・定格静電容量範囲 56〜390μF (68〜330μF)
・カテゴリ温度範囲 −25〜+105℃
・製品寸法 Φ22×20L〜Φ35×45L(mm) (φ22×25L〜φ35×35L(mm))
・耐久性 105℃ 2000時間保証
・端子形状 基板自立形
・量産 対応中 [200k個/月の供給体制]
・生産工場 ニチコン大野株式会社 第三工場
長野県安曇野市豊科4085
(ISO9001,ISO/TS16949,ISO14001認定取得)

順次海外工場でも生産する予定です。
NICHICON ELECTRONICS (WUXI) CO.,LTD.
Block 51-B, Wuxi National High & New Technology Industrial
Development Zone, Wuxi, Jiangsu, China 214028
(ISO9001,ISO/TS16949,ISO14001認証取得)

基板自立形アルミ電解コンデンサ「LASシリーズ」業界最高クラスの450V定格を追加しラインアップを拡充

基板自立形アルミ電解コンデンサ「LASシリーズ」
業界最高クラスの450V定格を追加しラインアップを拡充


以 上

ページの先頭に戻る