前のページに戻る

2017年9月25日

太陽電池とEV/PHVと蓄電池をつなぐ次世代蓄電システム
「トライブリッド蓄電システム」を開発
〜クルマは太陽光で走らせる時代へ〜

ニチコン株式会社
代表取締役会長 武田 一平
京都市中京区烏丸通御池上る
TEL.075-231-8461 FAX.075-256-4158
問合せ先 上席執行役員NECST事業本部長
野口 直人

 ニチコン株式会社は2012年に家庭用蓄電システムを業界に先駆けて開発・市場導入して以来、家庭用蓄電システムのリーディングカンパニーとして累計で約4万台を販売してまいりました(2017年9月現在)。一方、EV(電気自動車)の普及を促進するため、2009年には、量産EV第一号である三菱自動車工業i-MiEVに車載用充電器を供給、そして2012年には世界で初めてV2Hシステムを開発・市場導入し、EVと家庭をつなぐことを可能にしました。
 当社はこれまでに培った蓄電システムとEV/PHV(プラグインハイブリッド車)関連の技術・実績をベースに、太陽電池とEV/PHVの電池と蓄電池をつなぐ全く新しい次世代蓄電システム「トライブリッド蓄電システム」を開発いたしました。
  本システムの開発コンセプト品を10月3日(火)〜6日(金)幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2017」に出展いたします。

開発背景

 地球温暖化防止の為に、EVの本格的な普及が期待されていますが、EVの普及が拡大するとEVに充電するための電力の確保が課題となってきます。また、2019年度にFIT期間が終了する太陽光発電既設置邸は58万邸ともいわれ、これらユーザーが太陽光発電の売電から自家消費の方向へ移行すると推測されています。
トライブリッド蓄電システムは、大容量蓄電によるエネルギーの自給自足を目指し、太陽光発電でEVを走らせることで低炭素化に寄与すると同時に、ネットワーク制御によりVPP(バーチャルパワープラント)などエネルギー需給の最適化にも貢献します。

トライブリッド蓄電システムについて

 この度、当社が開発した次世代蓄電システム「トライブリッド蓄電システム」は太陽電池とEV/PHVの電池 と蓄電池を効率よく連携させ、さまざまな利用シーンに合わせて活用できるトータル蓄電システムです。太陽電池で発電した電力を家庭で使ったり、蓄電したりするだけでなく、EVを走らせることにも活用できます。3つの電池をDCリンクする高効率なシステムで蓄電池とEVの電池間も電力移動(エレムーブ*1)が可能です。これにより、EVが不在の時にも太陽電池からの電力を蓄電池に蓄えておき、EVが戻った時に蓄電池からEVに充電することでカーボンフリー走行が可能になります。また、万一の停電時も蓄電池とEVの大容量電池の両方からバックアップすることができ、より大きな安心を得ることができます。本システムにより家庭もクルマも太陽光発電で賄える究極の自給自足が可能となり、EVの普及を促進させ、より良い地球環境の実現に大きく寄与できるものと期待されます。

特長

  1. 太陽光で発電した電力をEVの電池と蓄電池の2つの電池に充電して、電力の自家消費を実現。家庭で使うだけでなく太陽光発電でEVを走らせることもできるトータル蓄電システムです。
  2. 太陽電池+EVの電池+蓄電池の3電池間を高効率DC接続して変換ロスを最小限に留め、2つの蓄電池間を電力移動(エレムーブ)が可能です。
  3. 太陽電池、蓄電池に加えてV2H(Vehicle to Home)システムの3つのパワコンを1つに集約することで省設置スペースを実現。
  4. 太陽電池、蓄電池、V2Hシステムの組合せが自由で後から増設も可能な新認証*2に対応予定。
  5. ユーザーのライフステージの変化に応じて、太陽電池の増設、蓄電池の増設、V2Hスタンドの追加接続等のシステムアップが可能。
  6. もしもの停電時も、蓄電池とEVから瞬時に家庭に電力供給でき、大きな安心を得ることが出来ます。昼間太陽光で発電した電力を蓄電して夜も安心、蓄電池からEVへの充電も可能です。
  7. 様々な運転モードをワンリモコンで統合管理し、HEMS無しでも見守り対応、PV出力制御対応、2017年度VPP規格適合、ネットワーク経由のアプリダウンロードで、将来出てくる新サービスにも対応可能です。

トライブリッド蓄電システム・コンセプト



トライブリッド蓄電システム全体構成



システムアップ
販売開始予定:2018年4月




*1:蓄電池に充電した電力をEVに移動すること
エレムーブの流れ

*2:一般財団法人 電気安全環境研究所「マルチ入力システム用系統連携保護装置等の個別試験方法」

ニチコン株式会社 概要

所在地 京都市中京区烏丸通御池上る
代表者 代表取締役会長 武田 一平
設立年月日 1950年8月1日
資本金 14,286百万円(2017年3月31日現在)
従業員数 5,183名(2017年3月31日現在 連結)
事業内容 アルミ電解コンデンサ、フィルムコンデンサ、
正特性サーミスタ“ポジアール®”、家庭用蓄電システム、
V2Hシステム、EV/PHV用急速充電器、
公共・産業用蓄電システム、スイッチング電源、
機能モジュール、医療用加速器電源、学術研究用加速器電源、
停電/瞬低補償装置など
売上高 100,401百万円(2017年3月期 連結)
以 上

ページの先頭に戻る