前のページに戻る

2019年4月16日

業界最高150℃対応チップ形導電性高分子アルミ固体電解
コンデンサ「PCZシリーズ」を開発、市場投入

ニチコン株式会社
京都市中京区烏丸通御池上る
(TEL.075-231-8461)
問合せ先:執行役員コンデンサ事業本部長
関 正信

 ニチコン株式会社は業界最高135℃対応の「PCHシリーズ」で構築した耐熱化技術をさらに改良し、保証温度を150℃まで高めたチップ形導電性高分子アルミ固体電解コンデンサ「PCZシリーズ」(150℃2000時間保証:業界最高温度)を開発し、市場投入しました。低ESRを特長とする導電性高分子アルミ固体電解コンデンサがこれまで搭載できなかった150℃という超高温度領域でも使用できます。
 本製品を4月17日(水)~19日(金)に幕張メッセで開催される「第34回 電源システム展」に出展します。

概要・開発背景

  車載関連分野ではEV化や先進運転支援システム(ADAS)等による電装化が加速しています。また、ECUなどの制御基板がエンジンルーム内に搭載されることにより、高温度条件下でも動作する信頼性の高いコンデンサが求められています。
 導電性高分子アルミ固体電解コンデンサは、アルミ電解コンデンサよりも低ESR、高許容リプル電流を特長としており、員数削減等にも貢献しますが、使用温度領域に制限がありました。
 この度、135℃を保証している「PCHシリーズ」で構築した高耐熱技術をさらに高めることにより、150℃2000時間保証を可能とした「PCZシリーズ」を開発、市場投入しました。

特 長

 本製品の開発にあたり、現行の「PCHシリーズ」に対して、導電性高分子をはじめとする構成部材の最適化、アルミ酸化皮膜に対する自己修復能力の改善および封止技術を改良することで、導電性高分子アルミ固体電解コンデンサの特長である低ESR、高許容リプル電流は維持したまま、150℃2000時間保証を可能としました。定格電圧範囲は25~35VDC、定格静電容量範囲は100~330μF、製品寸法はφ8×10L~φ10×12.7Lをラインアップしています。

主な仕様

・定格電圧範囲 25~35VDC
・定格静電容量範囲 100~330μF
・カテゴリ温度範囲 -55~150℃
・製品寸法 Φ8×10L~Φ10×12.7L(mm)(3サイズ)
・耐久性 150℃ 2000時間保証
・端子形状 チップ形
・サンプル 2019年 4月より
・量産 2019年 4月より [供給体制 1000k個/月]
・生産工場 ニチコン大野株式会社 第二工場
福井県大野市土布子第4号24番地15
(ISO9001,IATF 16949,ISO14001認定取得)

※語句説明
 ・ECU(Electronic Control Unit):電子制御ユニット

業界最高150℃対応チップ形導電性高分子アルミ固体電解
コンデンサ「PCZシリーズ」

以 上

ページの先頭に戻る