前のページに戻る
2001年10月2日

リード線タイプ高容量電気二重層キャパシタを開発
 
ニチコン株式会社
京都市中京区御池通烏丸東入 上原ビル3階
TEL. 075-231-8461 FAX.075-256-4158

 ニチコン株式会社は、これまでに製品化している巻回基板自立形電気二重層キャパシタに加え、ミリアンペア(mA)オーダーの比較的大きな電流を必要とする「CPU周辺のシステムバックアップ用」、「リモコンなどの一般システムバックアップ用」、「PDA・携帯機器のパワー補助用」、「ソーラー対応機器・電動工具・電動歯ブラシ・シェーバー等の電源用」として、リード線タイプ高容量電気二重層キャパシタを開発しました。

 電子機器、IT関連機器等の高性能化・多機能化に伴い、必要とする電力量は順次大きくなっています。従って、電気二重層キャパシタを使用するバックアップ電力供給側も、必然的により大きなエネルギーを必要となることから、従来のコイン形電気二重層キャパシタでは要求容量に対応できなくなりつつあります。

 今般、当社が開発したリード線タイプ高容量電気二重層キャパシタは、当社が長年培ってきた小形アルミ電解コンデンサの高精度な組立製造技術と効率的な量産技術を駆使し、さらに、新電極材料の開発で従来比約1.5〜2倍の容量密度を達成しました。

 電気二重層キャパシタの主要原材料は、アルミ箔、活性炭、有機電解液であり、重金属を使用していないため、環境負荷が小さく、回収の必要がありません。また充放電サイクル特性に優れ、瞬時充放電が可能な地球環境に配慮した製品であります。

 尚、本製品は現在サンプル対応中で、2001年10月2日(火)〜6日(土)幕張メッセで開催の「CEATEC JAPAN 2001」に参考出展しています。

以 上


ページの先頭に戻る