前のページに戻る
2001年10月2日

ストロボフラッシュ用アルミ電解コンデンサSBシリーズ開発
 
ニチコン株式会社
京都市中京区御池通烏丸東入 上原ビル3階
TEL. 075-231-8461 FAX.075-256-4158

 ニチコン株式会社は、PCの普及に伴い、世界的に急速に需要が拡大しているデジタルカメラと、近い将来、急速に市場拡大が期待される超小型デジタルカメラ内蔵型携帯電話等の市場ニーズに合わせ、ストロボフラッシュ用アルミ電解コンデンサ「SBシリーズ」を開発し、本年6月からサンプル出荷を開始しました。

 「SBシリーズ」は、陽極箔に当社が開発したストロボフラッシュ専用アルミ箔を採用し、陰極箔にも耐充放電性に優れた箔を開発し採用しています。

 また、電解液も充放電時に発生するガスを最小に抑え得ることが可能なものを開発し採用しています。

 更に、構造面では新しく箔巾、ゴムパッキング厚みを新規に設計することで最適条件化し、ケースサイズ当たりの容量効率を向上させ、ニーズに合った小形化を具現化しました。

 本コンデンサの仕様として、温度範囲は−20〜+55oC ケースサイズはφ10×20mmL〜φ18×48mmL、定格電圧300〜330V、静電容量50〜400μFとなっています。外形寸法は個別対応もできます。

 なお、防爆構造は従来のケース防爆とゴム封口側のいずれかを選択でき、外装スリーブはPETスリーブを採用することにより地球に優しい環境対応品となっています。
 2001年10月2日(火)〜6日(土)幕張メッセで開催の「CEATEC JAPAN 2001」に出展しています。

以 上


ページの先頭に戻る