前のページに戻る
2002年4月15日

超低インピーダンスアルミ電解コンデンサ「HNシリーズ」を開発
 
ニチコン株式会社              
京都市中京区御池通烏丸東入 上原ビル3階
TEL.075-231-8461 FAX.075-256-4158

 当社は、パソコン情報通信機器、AV機器などの電源平滑回路向けに超低インピーダンスアルミ電解コンデンサ「HNシリーズ」を開発しました。

開発背景
 パソコンをはじめ情報通信機器、AV機器などの電源平滑回路にアルミ電解コンデンサが数多く使用されています。
 当社は、これらの市場向けに従来PWシリーズを提供してきましたが、PWシリーズに比べインピーダンス値を約1/3に低減した「HMシリーズ」をはじめ、用途に応じた各種低インピーダンスアルミ電解コンデンサも販売してきました。
 しかし、CPUの高速化に伴い、特にパソコンのマザーボードに使用されるアルミ電解コンデンサでは、更なる低インピーダンス化と高許容リプル電流化が求められてきました。
 本製品は、このような市場ニーズに応えるべく開発した製品です。


本製品の特長 
 超低インピーダンスアルミ電解コンデンサ「HNシリーズ」は、新たに開発した高電導性(低比抵抗)エチレングリコール系電解液を使用すると共に、アルミ電極箔の改良を加えることで、インピーダンス値を前述の「HMシリーズ」より更に40%も低減することに成功しました。
 主な特長は次の通りです。

<特長>
超低インピーダンス、高許容リプル電流品です。

比較例

現 行 品
「HM」シリーズ
開 発 品
「HN」シリーズ
10V 680μF
(サイズ φ8×11.5mm)
インピーダンス 36mΩ
定格リプル電流 1140mA
インピーダンス 21mΩ
定格リプル電流 1300mA
16V 1000μF
(サイズ φ10×16mm)
インピーダンス 19mΩ
定格リプル電流 2000mA
インピーダンス 11mΩ
定格リプル電流 2280mA

インピーダンス値の低減と耐リプル性能の大幅向上により、コンデンサの使用本数が削減され、実装基板の小形化が可能となることで機器の小形軽量化をもたらすと共に、トータルコストダウンが図れることになります。

本製品の主な仕様は次の通りです。

仕様
定格電圧範囲 6.3〜16V
定格静電容量範囲 330〜8200μF
カテゴリ温度範囲 -40〜+105℃
インピーダンス 7〜21mΩ(20℃ 100kHz)
耐 久 性 105℃ 2000時間
製品寸法 φ8×11.5L〜φ16×25L(mm) 10サイズ
以 上


ページの先頭に戻る