前のページに戻る
2002年9月30日

超低インピーダンスアルミ電解コンデンサ「HZシリーズ」を開発
 
ニチコン株式会社
京都市中京区御池通烏丸東入 上原ビル3階
TEL.075-231-8461 FAX.075-256-4158

 ニチコン株式会社は、情報通信機器、AV機器などの電源平滑回路用として超低インピーダンスアルミ電解コンデンサ「HZシリーズ」を開発しました。



【開発背景】

 当社はこれまで、パソコンをはじめ情報通信機器、AV機器などの電源平滑回路用に低インピーダンス仕様のアルミ電解コンデンサを提供してまいりました。
 しかし、CPU
の高速化・高周波化に伴い、特にパソコンのマザーボードの電源部などに使用されるアルミ電解コンデンサには、更なる低インピーダンス化と高許容リプル電流対応が求められております。
 本製品は、このような市場のニーズに応えた製品で、今春開発した超低インピーダンスアルミ電解コンデンサ「HNシリーズ」より、更に低インピーダンス化を実現したコンデンサです。



【特 長】

 本製品は、高電導性(低比抵抗)エチレングリコール系電解液、低倍率陽極箔、および低密度電解紙を使用することによって、インピーダンス値を現行の超低インピーダンス品「HNシリーズ」より更に30%低減することに成功しました。
 16V 1000μF定格品のインピーダンス値7mΩは、業界最高レベルとなっています。
 インピーダンスの低減と耐リプル性能の向上で、コンデンサの使用本数が削減でき、実装基板の小形化が可能となることで機器の小形軽量化をもたらすと共にコンデンサの基板搭載時間の削減も可能で、大幅なトータルコストダウンが図れるなどのメリットが生まれます。


● 超低インピーダンス、高許容リプル電流品です。


<比較例>

現行超低インピーダンス
「HN」シリーズ
開発品
「HZ」シリーズ
6.3V 1000μF
(サイズφ8×15mmL)
インピーダンス 20mΩ
許容リプル電流 1700mA
インピーダンス 14mΩ
許容リプル電流 2210mA
16V 1000μF
(サイズφ10×20mmL)
インピーダンス 10mΩ
許容リプル電流 2900mA
インピーダンス 7mΩ
許容リプル電流 3770mA


●環境に配慮した設計
 本製品は、外装スリーブに脱PVCを図り、PETスリーブ(ポリエチレンテレフタレート)を採用いたしました。
 また端子はPbフリーはんだにも対応しています。



【仕 様】
定格電圧範囲 6.3〜16V
定格静電容量範囲 330〜8200μF
カテゴリ温度範囲 -40〜+105℃
インピーダンス 5〜14mΩ(20℃ 100kHz)
耐 久 性 105℃ 2000時間
製品寸法 φ8×11.5L〜φ16×25L(mm) 10サイズ


【用 途】
パソコンをはじめとする情報通信機器、AV機器などの電源平滑回路用

サンプル出荷 2002年10月
量産開始 2002年11月から 100万個/月
サンプル価格 100円
生産工場 大野工場(福井県大野市 ISO9001、QS-9000、ISO14001認証取得)


ご参考
CPU(Central Processing Unit : 中央演算ユニット )
インピーダンス: 交流電流の流れにくさを表す値。この値が低いほど交流電流が流れやすくなります。

以 上


ページの先頭に戻る