前のページに戻る
2006年9月28日

低温ESR規定チップ形アルミ電解コンデンサ
「CJシリーズ」を開発


 ニチコン株式会社は、このほど車載機器のエンジンルームに搭載されるECU※1等の周辺用途に最適な低温-40℃のESR※2値を規定し、かつ、125℃2000時間保証のチップ形アルミ電解コンデンサ「CJシリーズ」を開発しました。
 本品を10月3日(火)から幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2006」に出展します。

概要・開発背景
 自動車の電装化が進む中、コンデンサには搭載機器の小形・高機能化に伴う雰囲気温度上昇への対応と低インピーダンス・長寿命化が求められています。
 本品はこうした市場ニーズに応えて開発したもので、ECU及び各種電子機器のエンジンルーム内への移設に伴い、広い温度範囲で長期間の安定した動作特性の維持を目的に、より過酷な使用環境に対応した高信頼性品です。

特 長
 「CJシリーズ」は、当社が自動車電装分野で培ってきた技術をベースに、新低蒸散性電解液の開発と使用部材の最適化により、当社の現行125℃1000〜2000時間保証チップ品「UBシリーズ」より長期安定でかつ-40℃という低温時の低ESR値を規定したシリーズです。
 「CJシリーズ」は、-40℃時のESRを規定し、かつ125℃2000時間を保証したチップ品で、耐久性試験前後のESR値を規定(
6.3は初期のみ規定)しており、「UBシリーズ」と比べて耐久性試験(125℃2000時間)後の-40℃におけるESRをおよそ1/2以下に低減しました。
 当社は、環境に配慮した商品開発を進めており、本品もRoHS指令(2002/95/EC)に対応済みです。

主な仕様
カテゴリ温度範囲 -40〜+125℃
定格電圧範囲 10〜50V
定格静電容量範囲
10〜470
製品寸法
6.3×8.7L〜 8×10L、 10×10L(mm)
耐久性 125℃ 2000時間
ESR (-40℃・100kHz)

初期 2000h耐久性試験後
6.3×8.7L(mm)
14
-
8×10L(mm)
2.0
6.0
10×10L(mm)
1.5
4.5
サンプル 2006年12月より
量産 2007年1月から
生産工場 ニチコン岩手株式会社
岩手県岩手郡岩手町大字久保8-17-1
(ISO9001,ISO/TS16949,ISO14001認証取得)

※1 ECU (Engine Control Unit):エンジンコントロールユニット
※2 ESR (Equivalent Series Resistance):等価直列抵抗
 
以 上


ページの先頭に戻る