前のページに戻る
2009年5月26日

瞬時電圧低下補償装置を搭載した業界初のハイブリッド型非常用発電装置を発売

ヤンマーエネルギーシステム株式会社
ニチコン株式会社

 ヤンマーエネルギーシステム株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:玉田 稔)と、ニチコン株式会社(本社:京都市中京区、代表取締役社長:荒木 幸彦)は、電気二重層コンデンサ注1(EDLC)を蓄電部に採用した瞬時電圧低下補償装置注2を搭載し、一台で瞬時電圧低下から長時間停電までの電源を無停電安定供給できる非常用エンジン発電装置を業界で初めて共同開発しました。本年10月1日より本商品の販売を開始いたします。

 昨今、高度情報化社会を支える電源システムは24時間365日、常に安定して稼動することが求められています。企業経営における事業継続計画にも取り上げられますように、雷害などによる瞬時電圧低下、自然災害による長時間停電、これらは電力負荷機器側でのバックアップ電源対策が必要となります。

 通常の電源対策は、瞬時から短時間は各機器に接続された無停電電源装置注3(UPS)で対応し、長時間対応には発電機が用いられます。しかし、各部屋に個別設置された機器のメンテナンスを管理する煩雑さ、3〜7年毎のUPS用蓄電池交換、常時インバータ給電方式のUPSを使用した場合の電力消費増加など問題も発生しています。
 そこで、現状の課題を解決するために、EDLCを用いた瞬時電圧低下補償装置と非常用エンジン発電機を一体化し、以下のような特長ある商品を実現しました。


商品の特長
(1) 突然の瞬時電圧低下から機器やデータを保護
瞬時電圧低下補償装置により、瞬時の電圧低下や停電の発生時に無瞬断で電源を切替し 企業の重要データを守ります。また個別にUPSを備える必要はありません。
(2) 災害時の長期停電にも対応
ディーゼル発電システムとの連携より、連続で72時間電気を供給します。(オプション:外部燃料タンク使用時)
停電発生からエンジンが起動し、発電電源供給までの10秒間をEDLCが守ります。
復電時にも発電機から商用電源に無瞬断で切替します。
(3) 屋外設置対応オールインワンパッケージによる省スペース、管理工数を削減
両社のノウハウを活かし、機器をオールインワンパッケージ化し屋外設置にも対応しました。さらに、瞬時電圧低下補償装置と発電装置の一体構造により、省スペース化を実現しています。これらにより設備のメンテナンスと管理が一元化できます。
(4) 省電力、省コスト
常時商用給電方式を採用することにより、業界最高レベルの運転効率98%を実現し、省電力化に寄与します。
(5) 環境負荷を軽減
EDLCを採用することにより、瞬時電圧低下補償装置蓄電部の鉛フリーを実現しています。 また、EDLCは最長で15年間交換の必要がなく、廃棄物を削減できます。
(6) 安心を提供するヤンマーサービスネットワーク
遠隔監視(オプション)と全国10支社店のきめ細かいサービスネットワークにより、装置の状態を常に見守り、設備の管理をバックアップします。

 ヤンマーエネルギーシステム株式会社は非常用発電装置の国内最大手であり、今回のベース機種であるAPシリーズは、コンパクトなオールインワンパッケージで市場から高い評価をいただき、年間2000台以上の販売実績があります。
 ニチコン株式会社は2007年3月北陸電力株式会社、立命館大学、株式会社関電工と共同で瞬時電圧低下補償装置を開発しました。同装置は、小型・軽量であると共にその瞬低補償性能が認められ、2007年電設工業展の製品コンクールにおいて、「経済産業大臣賞」を受賞しております。

 両社は今後、これまでとは異なる市場へ共同開発した商品を出していき、新市場への展開を目指します。両社による本商品の販売につきましては、ヤンマーエネルギーシステム株式会社の既存ルートを通じて販売いたします。


仕様
  単位 APH15C 備考



定格出力電圧 V 100/200 出力電圧変動範囲:±10%
定格出力周波数 Hz 50/60 出力周波数変動範囲:±5%
  定格出力容量((1)+(2)) kVA 15  
  (1)瞬低補償負荷容量 kVA 10 停電時無瞬断送電
(2)停電時負荷容量 kVA 5 通常の非常用負荷
運転方式 - 常時商用給電方式  
使用周囲温度条件 -5〜+40 寒冷地オプション(-30℃〜)
運転音(エンジン運転時) dB(A) 75 4方向エネルギー平均
概略寸法 (LxWxH) mm 2330×765×2255  
乾燥質量 kg 1220  
設置場所 - 屋内又は屋外 非防爆エリア
遠隔監視(メンテナンス契約) - オプション対応 携帯無線網使用






力率 % 100  
相数 単相 3線  
使 用 燃 料 軽油  
燃料タンク容量 L 28 別置タンクオプション(500L)
燃料持時間 h 4.6/3.9 別置タンクオプション(72h)
始動方式 セルモータによる電気始動  






周波数 Hz 50/60  
波形 - 正弦波  
相数 - 単相3線  
電圧特性 V 100/200  
電圧過渡特性 - クラス3(JEC-2433)  
停電時切替時間 - 無瞬断(JEM-TR186)  
同期制御 ms 200以内  
充電時間 s 100 10秒放電時


用語解説
注1) 電気二重層コンデンサ(EDLC:Electric Double Layer Capacitor)
電気二重層コンデンサは固体と液面の界面に生じる電気二重層でのイオンの吸脱着による物理現象を利用した蓄電体です。大電流による急速な充放電が可能で、長寿命という特長があります。
注2) -(1) 瞬時電圧低下
落雷等により事故復旧の際、再送電または系統切替に要する極めて短時間(0.07秒〜2秒)だけ電圧が低下する現象です。 ※出典:電気協同研究第46巻第3号
-(2) 瞬時電圧低下補償装置
瞬時電圧低下を補償する電源装置です。商用電源に電圧低下が発生した際に、商用電源を切り離し、蓄電部からの給電に切り替えを無瞬断(4.2ms未満)で行います。
注3) 無停電電源装置(UPS:Uninterruptible Power Supply)
商用側の入力電源に停電等が発生した際に、一定時間は停電することなく給電を継続する電源装置です。


【APH15C 外観(断面)図】
全体概観(3Dモデル)   構造概要(3Dモデル)


【APH15C 給電方式概要】
商用状態毎の負荷への給電状態
No. 商用の給電状態 瞬低補償負荷 (10kVA) 停電時負荷 (5kVA) 図参照
1 商用安定時(待機中) 商用 商用 図1
2 瞬時電圧低下発生 EDLC 電圧低下(商用) 図2
3 停電発生10秒未満 EDLC 停電 図3
4 停電発生10秒後以降 発電機 発電機 図4

図1.商用電力給電(待機中)
図2.瞬時電圧低下発生
図3.停電発生10秒未満
図4.停電発生10秒以降
 
以 上


ページの先頭に戻る