前のページに戻る
2009年10月1日

超低ESR 導電性高分子アルミ固体電解コンデンサ
チップ形「CKシリーズ」を開発

ニチコン株式会社

 ニチコン株式会社は、デジタル機器を主用途とする業界トップレベルの超低ESR※1導電性高分子アルミ固体電解コンデンサのチップ形大容量品「CKシリーズ」を開発しました。

概要・開発背景
 導電性高分子を陰極材料に用いたアルミ固体電解コンデンサは、高周波領域に於ける優れたESR特性を有することから、パソコンやその周辺機器、薄型テレビをはじめとするデジタル機器の電源平滑回路に最適なコンデンサとして多用されています。
 近年これらの機器は、CPU※2の高速化に伴い近接回路の高周波化が急速に進展しており、コンデンサもなお一層の低ESR化、高リプル電流対応が求められるようになってきました。本製品はこうした市場ニーズに応えたものです。

特 長
 本品は、陰極材料に高導電率導電性高分子を採用すると共に、コンデンサ素子の設計を最適化し、効率的な高分子形成方法の採用などにより、当社の現行チップ形標準品「CFシリーズ」と比較して100kHzの高周波域におけるESR値をおおよそ50%低減し、業界トップレベルの超低ESRを実現しました。
 本品により、高周波領域で現行品よりもさらに低い超低ESR品が渇望されているパソコンやその周辺機器、薄型テレビをはじめとするデジタル機器の高機能化・高性能化の要求に応えていきます。

 本製品を10月6日(火)〜10日(土)幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2009」に出展します。

<比較例>
現行品とのESR値比較
定格 新シリーズ
(CKシリーズ)
現行品
(CFシリーズ)
ESR低減率
4V470µF Φ8×7Lmm 9mΩ Φ10×8Lmm 17mΩ △47%
6.3V330µF Φ8×7Lmm 9mΩ Φ10×8Lmm 18mΩ △50%
20℃ 100kHz

6.3V 330µF ESR比較グラフ
本特性図は一例であり、特性を保証するものではありません。
現行品CFシリーズ(破線)、新CKシリーズ(実線)


主な仕様
チップ形導電性アルミ固体電解コンデンサ「CKシリーズ」
定格電圧 2.5〜6.3V
定格静電容量範囲 220〜2200µF
製品寸法 Φ6.3×6L〜Φ10×10L(mm)
耐久性 105℃ 2000時間保証
サンプル 対応中
量産 対応中 100万個/月の供給体制
生産工場 ニチコン福井株式会社
福井県大野市土布子第4号24番地15
(ISO9001、ISO14001認証取得)
※語句説明
※1 ESR(Equivalent Series Resistance):等価直列抵抗
※2 CPU (Central Processing Unit):中央演算ユニット

超低ESR 導電性高分子アルミ固体電解コンデンサ
チップ形「CKシリーズ」
 
以 上


ページの先頭に戻る