【V2Hスタンド】対応車種一覧

メーカー日産自動車株式会社※5
車名リーフ ※1、※2、リーフe+e-NV200
種別EV
総電力量※3
(電池容量)
62kWh/40kWh/30kWh/24kWh40kWh/24kWh
年式全年式全年式
充電上限※4100%未満100%未満
放電下限約10%約10%

※1 対応車種の中でも車両側のプログラムを変更する必要がある車両があります。
車両のプログラム変更に関しては、車両販売店へお問い合わせください。

※2 日産自動車株式会社の放電非対応EVは本システムを使用できません。放電非対応EVに充電した場合、充電が正常に動作せず、
車両にコーションが残る可能性があります。

※3 総電力量はV2Hスタンド接続時の実使用可能容量とは異なります。

※4 車両充電上限値近くまで使用可能です。

※5 日産自動車株式会社のEV とV2H スタンドの充放電コネクタを接続した状態で「EV − IT」機能は使用しないでください。
EV および本システムの機能が正常に動作しません。

メーカー三菱自動車工業株式会社
車名*1、*2i-MiEV*4
(アイ・ミーブ)
MINICAB-MiEV VAN*4
(ミニキャブ・ミーブ バン)
MINICAB-MiEV TRUCK*4
(ミニキャブ・ミーブ トラック)
アウトランダーPHEV*4、*5
種別EVPHEV
総電力量*3
(電池容量)
16kWh/10.5kWh16kWh/10.5kWh10.5kWh12kWh / 13年式〜18年式
13.8kWh / 19年式*8以降
年式10年式*610年式
除く
全年式全年式13年式
*7
14〜18
年式
19年式
以降
充電上限95%未満*995%未満95%未満95%未満95%未満95%未満100%未満
放電下限約30%約30%約30%約30%約40%約20%約20%

*1 対応車種の中でも車両側のプログラムを変更する必要がある車両があります。
車両のプログラム変更に関しては、車両販売店へお問い合わせください。

*2 放電に対応していない車種は、本システムの放電機能を使用できません。

*3 総電力量はV2Hスタンド接続時の実使用可能容量とは異なります。

*4 @急速充電口が付いていない車両では、V2Hによる充電・放電はできません。
A駆動用バッテリーの容量維持のため、できる限り2週間に1回程度は普通充電で満充電してください。
BMiEVリモート、もしくは三菱リモートコントロールのうち「タイマー充電」と「プレ空調」はご使用になることができません。

*5 「アウトランダーPHEV」は、エンジンがかかった状態もしくはイグニッションONの状態ではV2Hスタンドによる充電・放電はできません。

*6 「i-MiEV」の10年式は車体番号が「HA3W-00」で始まる車両です。

*7 「アウトランダーPHEV」の13年式は車体番号が「GG2W-00」で始まる車両です。

*8 「アウトランダーPHEV」の19年式は車体番号が「GG3W」で始まる車両です。

*9 使用環境により、95%を下回る場合があります。

メーカートヨタ自動車株式会社★1
車名プリウスPHV★2
種別PHV
総電力量
(電池容量)★3
8.8kWh
充電上限約100%
放電下限約0%★4

★1 トヨタ自動車株式会社の燃料電池自動車「MIRAI」では、本システムをご使用になれません。

★2 放電対応車種以外は、本システムをご使用になれません。
2019年5月に実施した改良による「乗車定員5名の車両」が対象です。
急速充電インレット(外部給電機能[V2H]付)はオプション装備です。詳しくは、自動車販売店にご確認ください。
「プリウスPHV」は、エンジンがかかった状態ではV2Hスタンドによる充電・放電はできません。

★3 総電力量はV2Hスタンド接続時の実使用可能容量とは異なります。

★4 V2Hスタンドは、車両の蓄電池残量が10%に達すると、自動的に車両との通信を遮断し、車両側の消費電力を抑制します。


【ご注意事項】
上記の内容は、2019年6月現在の内容です。