EVパワー・
ステーションとは

ABOUT

世界初のV2Hシステムを開発したリーディングカンパニー

ニチコンは、V2Hシステムを世界で初めて開発し、2012年に市場導入したリーディングカンパニーです。
お客さまへさらなる価値を提供するため、約7年間の研究開発を経て、
2019年に技術を結集した高機能で低価格の「EVパワー・ステーション」を発売します。

EVパワー・ステーションのおトクで安心 3つのメリット

  • 高機能で低価格の
    V2Hを実現

    希望小売価格(消費税別)

    39.8万円~

    ※別途工事費が必要です。

  • 夜間電力を活用し
    電気料金を節約

    平日毎日使用(年間248日)すると

    27,000円(東京電力)

    40,300円(関西電力)

    ※算出条件はこちら

  • 停電時にEV/PHVを
    バックアップ電源として活用

    一般のご家庭電力

    3日分

    ※リーフ 40kWhモデルの場合

    ※算出条件はこちら

高機能で低価格のV2Hシステムを実現

  • V2Hシステムのリーディングカンパニーであるニチコンが、系統連系型V2Hシステムの高機能はそのままに、低価格を実現する「EVパワー・ステーション」を使い方に合わせた2モデルをラインアップ。

    ※V2Hシステムとは、EV/PHVの大容量バッテリーから電力を取り出し、分電盤を通じて家庭の電力として使用できる仕組みを言います。

  • 希望小売価格

    398,000(税抜)

    ※別途工事費が必要です。

  • 希望小売価格

    798,000(税抜)

    ※別途工事費が必要です。

夜間電力を活用し電気料金を低減

安い夜間電力をEV/PHVに充電し、昼間に使うことで電気料金を抑えることができます。

  • 夜に充電、昼は家で使う

  • 電力のピークカットで電気料金を節約

    ※経産省HPを基にイメージとして作成。

  • 昼間使用する電力(12kWh)をEV/PHVから放電(給電)した場合

    109円/約163
    の節約

    • (東京電力)
    • (関西電力)
  • 平日毎日使用 (年間248日)すると

    27,000 円/約40,300
    の節約

    • (東京電力)
    • (関西電力)

算出条件

東京電力の夜トク8を契約した場合(昼間32.14円、夜間20.78円)関西電力の時間帯別電灯を契約した場合(昼間(90kWh超過230kWhまで)27.44円、夜間10.51円)2019年6月現在。

  • ※1上記試算は待機電力などを含めたシステム全体の変換効率を80%として算出しています。
  • ※2日産リーフが平日昼夜、本製品と接続されていると想定しています。
  • ※3車両のバッテリー状態、ご家庭の電気利用に応じて異なります。電力消費が少ないご家庭では経済効果が出ない場合もありますので、事前に販売店、またはお客様相談室にご相談ください。
  • ※4これは試算であり、経済効果を保証するものではありません。
  • 停電時はEV/PHVからの電力を使用

    万が一の停電時は、EV/PHVに蓄えた電力を家庭で使うことができます。また太陽光発電が稼動している場合は、家庭で消費した余剰電力をEV/PHVに充電※することができます。※プレミアムモデルのみ対応

    停電時にEV/PHVの電力を使用した場合(40kWhの場合)

    一般家庭 約3日分の電力をまかなえる

    平均的な家庭に置ける試算値であり、保証値ではありません。

    1. 夜間等の太陽光発電が稼働していない場合、EVPSから給電
    2. 太陽光が稼働していれば
      1. 1家庭に給電
      2. 2余っていればEV/PHVに充電※プレミアムモデルのみ

停電時に使用できる家電・使用時間のめやす

  • 停電時に使用できる家電・使用時間の目安(40kWhリーフの80%を使用)
                スタンダードモデル プレミアムモデル
    リビング用LEDシーリング照明 100W 100W
    冷蔵庫 120W 120W
    液晶テレビ 170W 170W
    ノートパソコン、ルーターなど 30W 30W
    スマートフォン充電器2台 10W 10W
    200Vエアコン※1             750W
    合計 430W 1180W
    使用可能時間 74時間(約3日) 27時間(約1日)

    平均的な家庭における試算値であり、保証値ではありません。

    • ※1スタンダードモデルでは停電時に200V機器を使用できません。100Vエアコンであれば使用できます。

シチュエーション別機能比較

シチュエーション できること 対応モデル
太陽光発電 電力会社
あり 供給中 通常時、太陽光発電の余剰電力をEV/PHVに充電する。 プレミアムモデル
スタンダードモデル
通常時、太陽光発電を売電優先にする。
通常時、太陽光発電の余剰電力をEV/PHVに充電・家庭に放電(給電)する。
停電中 停電時、太陽光発電電力を家庭で使う。
また、太陽光発電の余剰電力をEV/PHVに充電する。
プレミアムモデル
あり/なし 停電時にEV/PHVから家庭に放電(給電)する。 プレミアムモデル
スタンダードモデル