NICHICON RECRUITING WEB GO FORWARD!!
Job & People ニチコンで活躍する先輩社員からのメッセージ
開発
ニチコン草津
2008年入社
基礎工学部 化学応用科学科
 
写真
 
職場環境・生活環境
 私の所属する設計部隊は若い人が多く、お互いに教えあい、研鑽しながら業務を行っています。また上司との距離も近く相談しやすい環境です。工場内には多くの女性社員が在籍しています。
 休日は友人と食事や旅行をして楽しんでいます。
 
私の仕事、その魅力・やりがい
写真
 現在は医療用加速器電源の設計に携わっています。私の所属する部署では回路・構造設計から制御・検査、お客様の対応も含めシステム全体の設計を行っています。システム全体に携わるため、幅広い知識が求められるところがこの仕事の難しさではありますが、自分が設計したものが形となり医療分野で役立っていると思うと非常にやりがいがあります。
 
成功談、失敗談
 自分の設計したユニットを自分で組み立てたときのことです。
 設計しているときは組み立てがそれほど困難だとは考えていませんでしたが、実際に組み立て始めると、ねじが締めにくい、構造が複雑すぎる等、様々な問題が見えてきました。実際に自分が組み立てることで、どのようなことを考慮し設計する必要があるのかが分かり、次の設計に活かすことができました。
 
私の新入社員時代
 仕事に就いた当初は「電気」というものが分からず、高校の教科書を読むことから始まりました。「電気」は形がはっきり見えるものではないため、なかなか理解ができず先輩の設計をなぞりながら学びました。そんな設計をなぞるだけの私に先輩から言われた「前の設計がすべて正しいと思うな」という一言がとても衝撃的でした。もっと良いものができないかと常に意識しながら設計しているからこそ、良い製品が作り上げられるのだと思いました。
 
これからの目標
 お客さまと対等に話ができ、ときには提案できるような設計者になることを目指しています。
 
入社動機
写真
 大学にあったパンフレットを見てニチコンを知りました。非常に小さなコンデンサから大きな装置まで幅広い分野を手掛けていることに興味を持ちました。
 入社前はコンデンサ自体、高校の教科書でしか見たことがないものだったのでイメージがあまり湧きませんでしたが、実際に入社してコンデンサのような量産品から特殊電源のような一品ものまでを多角的に提供している会社だと分かりました。
 
就職活動中の学生へのメッセージ
 大学で専攻したことをそのまま仕事にできるわけではないとよく言われます。でも、違う分野であっても知識があって損なことはありませんし、違う分野だからこそ気付くことがあると思います。また、仕事に就いてからどれだけ学ぶかということの方が重要になってきます。自分の専攻とは違うからと避けるのではなく、興味がもてるかという視点で就職活動してみるのも自分の可能性を拡げるチャンスだと思います。
他の人を見る
開発 営業
開発 営業
開発 業務
開発 購買
開発
一覧へ戻る
ページトップへ