NICHICON RECRUITING WEB GO FORWARD!!
Job & People ニチコンで活躍する先輩社員からのメッセージ
開発
電源センター
2012年入社
工学部 電気電子システム工学科
 
写真
 
職場環境・生活環境
写真
 私の所属する部署は、家庭用蓄電システムの設計開発を行っており、私はその中心となるインバータ・コンバータの評価を行っています。
 上司や先輩方は、専門的な知識の引き出しが多く、分からないことを相談した際、忙しい時でも快く話を聞いてくれます。単に答えだけを教えてくれるのではなく、次回以降は自分で解決できるように、答えにたどりつくまでの考え方や背景まで教えてくれ、自分で考える能力を身に付けさせてくれます。
 また、一人に仕事が偏ることなくバランスよく分けられていたり、偏った場合はフォローしあったりしてお互いに切磋琢磨しながらチーム力を高めていけることができるのが職場の特徴です。
 私はもともと関西出身ということもあり、東京近辺はあまり出かけたことがなかったので、休日はよく出歩いています。東京は人が多くて朝の通勤は大変ですが、少し外出すれば目的のものがすぐに見つかるので、暮らしやすい土地だと感じています。
 
私の仕事、その魅力・やりがい
 私は現在、家庭用蓄電システムのインバータ・コンバータの評価を担当しています。
 評価項目は、製品を第三者機関に申請するための系統連系試験や、太陽光発電システムとの接続試験、お客さまから要望のあった試験など様々です。評価をする際には、回路や使用する装置の知識が必要になってくるため、現在勉強しながら仕事を進めています。評価項目は多く、覚えなければならないことも沢山ありますが、最先端の技術を評価し判定できることにやりがいを感じています。
 最終評価で問題なしと判断されればそれが市場に出回ることになるので、市場で不具合が発生して大きな問題とならないように、評価ミスや評価漏れなどが許されない難しさもあります。
 
成功談、失敗談
 東京ビッグサイトで開催されたPV JAPAN展のニチコンブースで家庭用蓄電システムが展示されました。その時初めて説明員として参加したことが印象に残っています。様々なお客さまが訪問されましたが、技術的な質問をされて、その場で答えることができず先輩に助けてもらったりなど、初めてのことに緊張しました。説明員として参加したことで、お客さまの生の声を聞くことができ、また、わかりやすく丁寧に説明しようとすることで、自分自身の勉強にもなりました。
 
私の新入社員時代
 何をするにしても不安でした。パソコンの使い方や電話応対などもそうですが、試験データを取って欲しいと言われ試験方法を説明されても、いざ試験に取り掛かると方法が間違っていないか不安になったり、期限が過ぎても終わらずに焦ってしまうこともありました。そういった状況の中で先輩方には的確に指示していただき、何度も助けられました。私も将来、困った後輩がいれば的確な指示を出してあげられる先輩技術者になりたいと考えています。
 
これからの目標
写真
 現在は家庭用蓄電システムの評価試験をしていますが、評価をしてOKかNGかの判定をするだけではなく、NGだった場合は「原因の追究」、「不具合の対策方法」、「対策による弊害確認」等、すべてをこなせるようになりたいです。
 
入社動機
 大学の就職課でニチコンを紹介されたのがきっかけです。就職活動中はニチコンといえばコンデンサというイメージが強く、働いている方も化学分野中心だと思っていました。しかし、車載用充電器など電気自動車関連の事業も行っていることを知り、大学で学んだ電気電子の知識を活かして、最先端の技術に関わることができると思い、入社することを決めました。
 入社後は、EVパワー・ステーションや家庭用蓄電システムなど、これから拡大していく分野に積極的に挑戦する会社であると感じています。
 
就職活動中の学生へのメッセージ
 就職活動中は、不安で苦しい時期だと思います。
 最初に自分の適性や、やりたい仕事を考えると思いますが、少しでも興味のある企業があれば、説明会に参加してみてください。実際に働いている現場を見ることや、企業の方と話をすることで考えが変わるかもしれませんし、一人では気付けなかった発見があるかもしれません。また、内定をいただいて終わりではなく、実際に働き始めてからも毎日努力をしなければなりません。働き始めてから後悔することがないようよく考えて活動してください。
他の人を見る
開発 営業
開発 営業
開発 業務
開発 購買
開発
一覧へ戻る
ページトップへ