NICHICON RECRUITING WEB GO FORWARD!!
Job & People ニチコンで活躍する先輩社員からのメッセージ
開発
ニチコン大野 第二工場
2012年入社
工学研究科 機能材料専攻
 
写真
 
職場環境・生活環境
写真
 私が所属する設計課では、新規製品開発、お客さま要求に対しての窓口対応、製品に使用する部材の評価・サンプル作製を行っています。突発的な案件があった時には各担当者が集まり、どうすればお客さまの要求を満足できる製品の作製・提案ができるか一丸となって取り組むことが特徴です。
 私の勤務する福井県大野市は、夏にはホタルを見ることができる自然豊かな地域です。また、近くにスキー場があるため、冬はスキーを楽しむことができます。休日は、同僚と福井市街に出かけたり、魚釣りをして過ごしています。
 
私の仕事、その魅力・やりがい
 私の仕事は、小形アルミ電解コンデンサの部材評価や新規製品の開発です。
 アルミ電解コンデンサは主にアルミニウム箔、電解紙、電解液、リード棒、封口ゴムで作製されています。各部材を低コストなものに切り替えれば、コンデンサを安くお客さまへ提供することが可能となります。しかし、使用部材を変更しコストダウンできたとしても従来通りの特性を満たしていなければ意味がありません。そのため特性に違いがでないか評価を行っています。
 また、アルミ電解コンデンサの新規開発では、市場要求に対応するためアルミ電解コンデンサの小形化、長寿命化を目指しています。目標とする特性を満たすために、他部署と協力して電解液・アルミニウム箔を改良したり、また新規製品が問題なく製造できるか実際の製造ラインで確認を行っています。新規開発をする上で、期待通りの特性が得られず何度も失敗して苦労することは多々ありました。しかし、「このコンデンサは市場で役立つ」と考えながら日々仕事を行っています。
 
成功談、失敗談
 印象に残っていることは、「CEATEC JAPAN」というアジア最大級の最先端エレクトロニクス国際展示会に説明員として参加したことです。そこでは、自動車・ロボット・医療など様々な分野の企業が新たな製品、サービス等の先進技術を発表しています。展示会では、自社の新規製品や技術をアピールするためのプレゼンや、ニチコンブースでお客さまの質問に対する受け答えを行いました。ニチコンブースには有名企業の方や一般客の方など多くの人が訪れ、「これはいいな」と当社の製品に興味を持って頂いたり、具体的な要望を聴けるなど工場では分からない生の声を聞くことができました。この展示会を通じて「市場で求められるものづくり」を意識して日々業務を行っていこうと決意しました。
 
私の新入社員時代
 入社当初は、お客さまの要求を受ける窓口業務を行っていました。その中で、営業より日々送られてくる様々な案件の回答が遅れてしまうこともありました。最初は仕事がうまくできないと悩む日々でしたが、先輩社員にご指導を頂き案件の内容を理解することで素早く回答することができるようになりました。
 
これからの目標
写真
 新規製品の開発を行う時には実際に製造ラインで量産が可能かを考える必要があります。そのため製品だけでなく生産性も向上できるような製品の開発を行っていきたいです。
 仕事をする上でアルミ電解コンデンサについての知識がまだまだ不十分と考えているため、様々な仕事を経験し、多くの人と関わることで幅広い知識を身につけたいと考えています。
 
入社動機
 ニチコンを知ったきっかけは就活サイトです。大学時代の研究内容はコンデンサと全く関係ありませんでしたが説明会に参加し、素材開発からの一貫した研究開発体制に魅力を感じ入社を決意しました。
 入社後、コンデンサが自分の想像する以上に多くの製品に使用されていることを知り、コンデンサの開発に携わることで、社会に貢献できるため仕事にやりがいを感じています。
 
就職活動中の学生へのメッセージ
 昨今ではエコロジーが注目されており、また高性能化・小形化が要求されています。この様々な市場要求を満足させるためには高い技術力が必要となります。ニチコンは地球環境を考慮し、市場要求に応えられるものづくりを行っています。今後も技術革新を行っていくためには、皆さんが身につけた幅広い知識と若い力が必要です。ニチコンで皆さんと一緒に活躍できる日を楽しみにしています。
他の人を見る
開発 営業
開発 営業
開発 業務
開発 購買
開発
一覧へ戻る
ページトップへ