NICHICON RECRUITING WEB GO FORWARD!!
Job & People ニチコンで活躍する先輩社員からのメッセージ
業務
ニチコン大野 本工場
2012年入社
法学部
 
写真
 
職場環境・生活環境
写真
 私の所属する業務課は、工場の受注から出荷までをコントロールしながら、利益の最大化を目指す部門です。具体的には、製品の価格管理、営業部門からの受注管理、生産に必要な部材の管理、お客様に届けるまでの納期管理、そしてそれらのシステム的サポートを戦略的に行っています。業務課では、それぞれのスペシャリスト達が日々、利益の最大化のため、仕事に励んでいます。
 勤務先は、天空の城で有名な大野城のお膝元、自然あふれるのどかな地域にあります。休日は、その地域性を活かし、名所巡りや芸術鑑賞、ロードバイクやランニングなど静と動の趣味を気分に合わせ楽しんでいます。また、名水百選にも選ばれている地下水を用いた料理はどれも絶品です。
 
私の仕事、その魅力・やりがい
 製品を製造するコストや売る価格を総合的にマネジメントしています。いわば利益の企画です。多くの関連部門と連携しながら仕事を進めなければならず、そこでの結果が利益に大きく反映されるため、非常に責任の大きい仕事だと考えています。いかに市場競争力を持ち、かつ会社の利益につなげられる製品をつくれるかが最大のテーマです。刻々と変化するビジネス環境に対応するため、社内外問わず常にアンテナを広く張り、スピード感を持って考働することを心がけています。
 この仕事の一番の魅力は、利益という面で経営者層の見ている世界を垣間見ることができる点です。特に、製品分野毎の統括管理を目的として導入されたビジネスグループ制は、それまで局所的な見方しかできなかった私にとっても、グループ全体の利益を意識するようになるなど、視野を広げる非常に良い転機となりました。また、海外生産事業所と様々な面で密に連携する機会も増えました。現地の担当者とのやり取りは基本的に英語であるため苦労も多いですが、その分上手くいった時の達成感はひとしおです。
 
成功談、失敗談
 初めてマレーシア工場の現地担当者と一緒に仕事をした時が一番印象に残っています。学生の頃から外国人留学生との交流を持ってきましたが、やはり仕事上で、ましてや電話でのコミュニケーションは特に大変でした。お互いネイティブではないため、意図するところが上手く伝わらないことも多々ありましたが、曖昧なままにせず、メールや数字などを上手く使って仕事を進めることを意識しました。また、語学の勉強だけでなく、相手の文化を尊重し、誠心誠意努めることの重要性も学びました。今では英語や中国語でちょっとした冗談を言い合える関係にまでなりました。
 
私の新入社員時代
 入社3ヵ月の頃、資料を作成していた際、まだ慣れていなかった数字に囲まれ、集まってくる情報の量に溺れそうになったことがありました。それを平然とこなす先輩社員はとても格好良く、強い憧れを抱きました。先輩社員に少しでも近づけるよう、メモを片手に一生懸命ついていくことで、徐々にですが仕事をこなせるようになり、そのことを褒めて頂いたことがとても嬉しかったです。当時、夢に出てくるまで熱く指導頂いたことは、今となっては大変良い思い出です。
 
これからの目標
写真
 物事を大局的に見るという力を養うためにも、より様々な角度からニチコンという会社を見たいと考えています。まだ工場でしか働いたことがなく、どうしても偏った考え方になる可能性があるため、色々な経験をして徐々に視野を広げていきたいです。そして将来は、「こんなキャリアを築いてきたお前だからこそ任せたい仕事がある」と言って頂けるようになりたいです。そのためにも現在は、その核となる工場でのモノづくりに対する理解を更に深めたいと考えています。流通を含めた製品の流れだけでなく付随するデータの流れも勉強中です。
 
入社動機
 幼いころからモノづくりに興味があり、漠然とですが将来はメーカーで働きたいと考えていました。自己分析、企業研究をしていく中で、様々な電化製品に用いられているコンデンサという電子部品に興味を持つようになり、更に、学生時代は京都で過ごしていたことなどに縁を感じ、入社を決めました。
 入社前は、事務系採用者が工場でどのような働き方ができるのか、正直良くわかりませんでした。しかし、実際に工場に配属になってみると、意外と活躍のフィールドは広く、十分に力を発揮できる職場だと感じました。何より、モノづくりを間近で感じることができて、非常に満足しています。
 
就職活動中の学生へのメッセージ
 就職活動は、自分が社会とどう関わっていくかを決める重要な場です。就職活動の中でしか経験できないことも沢山あります。きちんと自分と向き合い、自分が何を大切にしているか、何をしたいかを知り、それが実現できる企業を見つけてください。そして、入社後もその気持ちを決して忘れないでください。それが必ず大きな土台になるはずです。
他の人を見る
開発 営業
開発 営業
開発 業務
開発 購買
開発
一覧へ戻る
ページトップへ